忍者ブログ
同人要素が多々含まれますので、苦手な方はご遠慮ください。
[209] [208] [207] [206] [205] [204] [203] [202] [201] [200] [199
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11月20日17時台、拍手くださった方ありがとうございました!とても嬉しかったです。
同日23時、k様、メッセと拍手をありがとうございました!喜んで頂けて光栄です。お気持に副えたかどうか心配ですが、もし今後もリクエストの機会がありましたらご希望をお聞かせくださいv今後もよろしくお願いいたします。


今日は、
娘とえらいケンカ(?)をしたりして、記事がおそくなりやした。
ヤツが生まれてからこっち、こんなにやりあったことはない。
台無しです。情けないです。身も心も疲れ果てました。
・・・・不憫でした(互いが)。

なんなの?!
「母」ってなんなのさ!!!むかむかムカ~~!

さて、てんていが押/井監督と宮/崎監督の事をコメントしてる。(珍しい!)

押/井監督は「ニル/スの不思/議な旅」の頃から、宮/崎監督は「魔/女宅」の頃から世話になってる(?)私だが、
二人の違いの一つを、N○Kが一度こんな風に指摘していたことがある。
(別々の番組で別々の時期に放送されてたやつだけど。あと一部自分の持ってる印象も加筆。)

モニ感想を、という方は,
こっから長いのですっ飛ばしてくださいませ!



押/井監督はカメラワーク中心にコマを進めていく。
対象を上から下から水中(魚眼)からとらえ、接近あるいは離反していくことで「心情」を「表現」する。
キャラクターは静止したときこそ何かを語る場面が多く、そういう場面のほうが記憶に残りモノローグが多い。
また照明(アニメなのに)による効果も意識していて実写映画の演出方法に近い。
色は灰色をわざと加えたかのように沈んだものが多く、寒々とした印象を与える。

一方の宮/崎監督は、カメラはそのまま・・・というか、縦横無尽に駆けるキャラクターをカメラが必死に追う感じ。対象は画面中心に多く捉えられるがついにその画面に収まりきれず、とうとう飛び出してパーンしちゃう。
観客の眼はキャラクターを追いかけ引き込まれ、その活力に圧倒される。
色はファンタジックでクリアな色が多く、派手じゃね?という色も使うが、全体のバランスのなかで見事に調和されちゃう。宮/崎監督の描く食べ物が旨そうに見えるのは食べ方もあるのだが、リアルだけどリアルでない絶妙な色使いだと思う。(あの垂れ下がる程でかいハムとか)

・・・あ!そっか。
それが自らキャラを描くのと、演出・脚本に徹することの違いかあ・・・・。
でもだからなぜ暗い、明るいの評価なんでしょうか?
てんてい?
(続きあるのかな?ドキドキ)

うん、私もどちらとも大好きですv

しかし、かくいう私も、
最近は・・・というか、ここ15~6年年近く前からあんまり見てないんですよ、アニメーション。
そーいやここ数年、映画も芝居も観てない。

・・・・・たまにはゆっくり観たいなあ・・・・という気もする・・・・・・・・・苦笑。

ぬお~!
「母」ってなんなのさ~~~!!!

いいのいいの。
モニ、ジパがあれば私はもう・・・・・。



・・・今週のモニを続きへ!

**********

冒頭から、すいません・・・・。

「原爆」は草加様と角松さんのお子様だったとついに明言なさいましたか。
とうとう記者会見ですか。
金屏風ですか。
はい、そーですか。

唇めくれ上がってヘンな笑い声がこぼれました。
「ひっ」・・・って。


そんでもって我々があれほど危惧していた「定期連絡」ですが、
そんなあっさり出来るんですか。
イヤホンも無事ですか。
はい、そーですか。
私のケータイは0コンマ2秒、トイレポチャンでオシャカとなりましたが、
軍用品つうのはそこまで頑丈なんですか。

しかしよく、あんな重そうなものを柳もよく抱えて泳いで持って来れたもんだ。
(笹本かもしれないけど)
そもそも柳、潜れなそう。
タカ/&トシのタカみたいに・・・・体の容積が巨大な浮力となって尻が浮上・・・みたいな・・・。

米艦隊、烏合の衆となってまっしぐらにアリ地獄に突進みたいですが、
カーネル・・・・・まさか見てるだけで終わりませんよね?
(それはさすがにないだろな・・・)
切な過ぎますよ。眼は大丈夫なんでしょうか?


ラスト、
案外あっさり「ジャガーノートごっこ」(赤の線青の線のやつ・・・)を放棄(?)、丸ごと解体の決意をする角松。
それを容易でないどころか、危険すぎる恐ろしい行為であることを草加は思い、時間的余裕と自分のなかの余裕を確認する様子。
(先週あれほど怒った割にはまだ駆けつけませんか、みたいな冷静さ・・・さすがだよ草加さま)

ですが原爆っつうのは大変デリケートな爆弾と聞きます。
単純に数個に分けたウランを合わせりゃ臨界に達して、勝手に完全燃焼してくれるのではありません。
集合の衝撃でウランが四散されることなく、
集まったウランすべてが燃え尽くす(超臨界)まで、中性子を閉じ込めて、高密度のまま圧縮された状態が維持されなくてはなりません。
つまり燃え始めた(何度打っても萌始めたと出る・・・)ウランを密閉容器で閉じ込める必要があるのです。

草加製原爆の中心にある球状の部分(集まったウランを閉じ込める密閉容器)を破壊するか、
ウランパーツを一つか二つ取り外すことができれば、
あるいは、インプロージョン式の原爆だから、どこか配線ひとつでもちょっとした狂いがでれば、合体のタイミングが遅れて、超臨界に達しない可能性も高くなると思う。


おっそろしいのは、
まっつん達がシールドに値するものを外してしまわねば、ウランを取り出せないのではないか、ということです。
(そもそも草加製原爆はあの形状から、シールドがどうなってのか見当もつかないですが・・・。)
シールドを外すということは、臨界に達してなくても被爆します。(線量は少ないだろうけど)


ウラン・・・・触る気ですか?


おんなじ黄色でもバナナが出てくればいいけどそうも行くまい。
(←この期に及んでチャチャを入れるな、である)

もうもういやー!!
麻生さんが「一人残るつもりだ」とか言ってたけどさー、
まっつんが被爆して苦しんじゃうようなことにだけはならないで~!
ああん!
(←この期に及んで・・・・・)



注)↑原爆のこと色々書いてますが、間違ってることもあるかもです。
そのときはこっそり教えたってください。
お願いします。

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
☆拍手☆5/19更新
カウンター 
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
なぐも
性別:
女性
自己紹介:
天然で物忘れが得意な子持ち主腐。
メール
goraiasu2el☆yahoo.co.jp
送信の際は、☆→@へ変更お願いいたします。 メール頂きありがとうございます!
バーコード
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]