忍者ブログ
同人要素が多々含まれますので、苦手な方はご遠慮ください。
[322] [320] [318] [317] [316] [315] [314] [313] [312] [311] [310
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

パチパチと拍手くださった皆様、本当にありがとうございます!!
いつも元気の源にさせて頂いてます。肌が若返ってます♪


もうお気づきの方もいるかもしれませんが、
以前からず~っと作ってみたかったのでやってみました。

↓ファビコン♪ ・・・ファミコンみたい・・・・・・しょーもなっ!www
favi01.jpg



本館の方も作ってみたけど、
(↓こーゆーの)
favi02.jpg


アップロードの仕方がblogと微妙に違っててかーなーりてこずりました(汗)
成功したか気になるのですが、ちゃんと出てます?
そうそう、サイト・アドレスとか、ブックマークとか、タブの左っかわに表示されてるアイコンですよ。
このアイコンがオリジナルだと見つけやすくなるし可愛いですよね。

一応ブラウザを変えたり別のパソコンで表示確認したのですが、読み込みがうまくいかなかったりして表示できないこともあるそうで・・・・。
「うちのパソコンじゃ全然そんなもん見当たらないゾ!」とかありましたらご報告頂けるとありがたいです。


まったくもう・・・・。
・・・こういうことにばっかり熱入れてて良いんだろうかとか思う今日この頃・・・・・・・・デス(汗)

それより、
もにもに!
やっぱ何だかんだいって、やっぱ・・・
読むと元気がでる~~~~~!!!!

(私エエ読者や・・・www)

感想は続きへ。
(いつもどおり『ネタバレです』)

*****

ここまでくると・・・、いっかい問題を整理するために『過去の流れを降り返ってみましょう』というのが必要になってくる感じですね・・・・マリアナ・ラブストーリーが長すぎて訳わからなくなってきてるような・・・苦笑。
と、読み返してたらハマったーーー!!www
また貴重な時間を無駄な時間に変えてしまった!涙!

それにしても改めて、未来の米が設計した艦に、敗戦後の未来の日本人が戦闘員として乗っていて、それらを生み出した米と大日/本帝/国が対峙してるのってやっぱすげー構想だよと思ってしまう・・・ナ・・・おもしれえ!


大/和への強襲乗艦のため、カー/ネルが愛オワから雄バーンへ移乗する。
カー/ネルは愛オワを見上げ、ミッちゃんへ向かって思う。

『原/爆は大統/領に、勝利は貴方に、そして「ミライ」は我が手に・・・・・』

これだよな・・・米
全部貰っちゃいたいっていう、けど貴方と私は違うのよ!っていう。
狩る獲物は同じ1頭、でも食べたい部分はそれぞれ違うでしょ、みたいな。
米の性格をよく表現してるとおもいます。こえー!すげー!
そんな米がいよいよ迫ります。


そして一方、の大/和。
インカムにより、ありのままの状況がみらいに伝わったと判断した草加は、そのインカムを投げ捨てた。これ以上の通信は不要であり、そして邪魔となる。自分にとってもみらいサイドにとっても、神様の舵取りにとっても。

持ち上げたバールを木箱と壁のすき間に差し入れる際、目測が定まらない草加。それを見て角松は、草加の左目が見えていないことに気がつくのだった。
航跡354で草加が言っていた台詞。

『これからの作戦 四肢を失おうとも支障はない』

・・・・に沿うように、それぞれがこの戦闘で身体の一機能を損なっている。カー/ネルも片目になってる。この海戦の三者のトップ、象徴がそれぞれに傷ついているわけであるが、今後さらに損耗があるのか、それによってどう風向きが変わるのか、トライアングルのバランスにどう関わっていくのだろう・・・か?


なにはともあれ、草加がバールを差込み、てこの原理で木箱に渾身の力を込める。信じられないことだが巨大な木箱がずれてすき間が出来き、角松は痛みを堪えて脚を引き抜いた。
角松の右足は・・・・
(もーねー・・・酷すぎません?思わず『ウワッ!』って言っちゃった・・・胸痛いわ・・・・・・涙・・・・・ある方がおっしゃってたみたいに、これじゃどーみても開放骨/折やろ?感染しまくりやろ?海水に浸かってるし最悪・・・・ああぁ・・・・涙・・・・止血せんままやし・・・・ひー!)

そんでも36頁下のまっちゅんのおしりから内股に至る線に目が釘付けになって慌てふためいてしまうのです神様お許しください・・・つーかこのコマの絵自体が煩悩増殖名画・・・・・・ハァハァ・・・vvv


さらに、
見事足が抜けた角松を見た草加の嬉しそうなことったらなく、この人こんだけ嬉しそうな顔、今までしたことあったかい?みたいな?思いっきりが出ちゃったよ!笑顔はじけちゃったよvみたいな・・・・・その姿をみたら、ものすっごい救われたというか・・・・イヤ~ンv嬉しくって小躍りしちゃうヨvwww
そんで抱え上げられるとき、


角松「このとおりズブ濡れだ 重いぞ」
草加「ミッドウェーでは私がそうだった・・・」

角松「フン」




・・・・・・フンって!!
フン・・・って言った!!

・・・・っ(爆っ!)
(悶絶卒倒応答なし)



ああ・・・・43ページが・・・すごい・・・・後光がっ・・・・眩すぎる!!!
ご本尊になるよマジで!


まっちゅんとたっくんがみみみ・・・みっちゃくぱーちゃく・・・・!
腐女子が夢にまで見た・・・ありえんとさえ妄想したャツをてんていは・・・・・・・

原作でやりおったーーー!!!
(もうウチらの存在ってナニ??!!)



そして草加は、その途方もなく重い角松を抱えて(そりゃ重くったって重くないんだよねぇ。そーゆーもんだよねえぇ・・・・v)一艘だけ残ったゴムボートへ向かうのだった。
この、
『一艘だけボートが残ってる』ってあたりがすごくイイと思ってしまう。

一艘だけ・・・・・・脱出の手段はもう、一回こっきり、たった一つだけ。
(このシチュだけで膨大な妄想が沸き起こるんですけど。どーかもう勘弁してっ!www)


そして角松は麻/生にミサイル発射の猶予がないと念じつつ、草加に支えられてゆっくりゆっくり歩を進めるのだった。

二人ともどこまで一騎打ちが張れるか戦い抜いたのは確かな事。
だが、草加と角松の肉弾戦(なんか何故かヤラシイ・・・←おまいが一番ヤラシイ)はここで一旦休戦となるのか?
えええっ?!
まずは逃げるが先?
確かに死んじゃったらなにも出来ませんから(苦笑)
たとえもう間に合わないとか、絶体絶命な状況でも、何が何でも生きる術を模索しない展開というのはありえないですので(私は)、読者としてはナットクです(とことんアゲインストの精神で主人公は行ってもらいたいですネ)・・・が・・・、
でも・・・これで終りじゃないよね?とナットク行かない部分も・・・。
なんかガチンコの決着がついてない気分なんですけど?


そして、
米の分隊が大/和に急接近することをみて、麻/生さんはおもわず桐野サンに言ってしまいます。
「このままでは米を巻き添えに…」
(もーいーじゃん好きで来てんだからとか思わず言っちゃいそうwww)
接近前にミサイルを・・・!

それに呼応して焦りも出たか思わず桐野サンは
体感戦闘(ぬお?!)対艦戦闘用意!!」
と指示。
しかし・・・・。

「分かってはいるのです」
麻生さんはひたすらミサイルスイッチの前で脂汗を滲ませているのでした・・・・・・。


それを完遂できないのが人間。
彼もまた、未だに模索を続けているのでした。
アゲインストの精神で!


大/和の原/爆が起爆する時間。
その原/爆の『有効範囲』まで大/和が米艦/隊との間合いを詰められる時間。
分隊が大/和にたどり着く時間。
ハー/プーンミ/サイルのスイッチが押されるまでの時間+3分(着弾時間)。

そして、角松と草加がボートにたどり着く時間。
(もしたどり着いたとしてそれからボートで退避するのも一筋縄ではいかないだろうな・・・)


↑良く考えたらものすごい・・・・・!
超絡まりまくってるヨ!
てんていすげー!


ところで杉本たちってまだまだ回収はされてないんだよね。
みらいから50キロはなれてるもんな・・・どうなるんだろ?
みらいに回収されるとき、なにか新しい展開とか期待できるのかな?




今回も激しく勝手に解釈して、激しくハイテンションで長文を書いてしまいました。
本当に申し訳ないです。
感想なんてものを、こんなに長々書くのって頭の悪い証拠だと思います。
・・・・最後まで読みにくい文章を読んでくださり、本当にありがとうございました。



PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
☆拍手☆5/19更新
カウンター 
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
HN:
なぐも
性別:
女性
自己紹介:
天然で物忘れが得意な子持ち主腐。
メール
goraiasu2el☆yahoo.co.jp
送信の際は、☆→@へ変更お願いいたします。 メール頂きありがとうございます!
バーコード
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]