忍者ブログ
同人要素が多々含まれますので、苦手な方はご遠慮ください。
[200] [199] [198] [197] [196] [195] [194] [193] [192] [191] [190
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


11月6日、拍手とメッセを下さった方、ありがとうございました!
メッセ、すんごい感激しました。嬉しかったです!
そんなそんな・・・・きっとその涙は尾栗がくれた涙ですよ~!でもそうおっしゃって頂けて心から嬉しいです。
こんな偏りすぎな感想ですが、これからも頑張ります!



ようやく拍手絵をクリスマス用にかえました!
「山下たつろー」のクリスマス・イブ(ひどく大衆的だな~笑!)とか聴きながら描いたんで、
シンデレラ妄想爆走列車の要素がいっぱい詰まってるかと思います。
お気をつけください。
(三枚あってランダムにしてますv)


昨日は♪胸いっぱい~!でこみ上げる涙を形にするのが精一杯でしたが、
栗スキーさんとお話する機会がもてまして、もうちょっと突っ込んで解釈することが出来たので更新しました。
と言っても、解釈っちゅうより私の妄想列車大暴走ってかんじで、自分用の覚書みたいなところもあるので『続き』に閉じておきます(苦笑)

なんか、思いもよらず真剣に深読みをしてしまい、
おいお前それは誇大妄想だぞ違う世界だろと四方からの突っ込みが早くも聞こえてきそうです。

そこで前置きがあるんです。
そのジパ友さんとも話したのですが、
いわゆる好きキャラが一緒でも、CPが違ったりすると解釈に影響出るじゃないですか?(笑
(そもそも同じ話を見聞きしたって受け取り方、解釈は千差万別・・・・ですもんね・・・?勝手?OKだよね?)

なので栗と松が好き、な方は大方多分大丈夫ですが、
その他諸々の皆様はものすごい暴走列車が脱線したまま走ってると思われて、注意して『続き』を読まれてください。
ぎゃはは~。

超長くて退屈で独りよがりなヒトリゴトです。。。。
どうかどうかご容赦ください。 


*********

いやもう『ゴースト』にも劣らぬラブストーリーだったなと、開口一番そんな話ですよ。
失笑しちゃってくださいよ。


で、
あの84ページのどこが栗好松好にはたまらなかったかってゆーと(←そんなのろけ、誰も聞きたくねえよ・・・・)、
まっつんが死に際かって時に目の前に現れたのが圭子さんでも一洋君でも梅津さんでもなく尾栗だったちゅう衝撃と、
目の前にしたときの表情が恐怖や驚愕でなく、微笑みだったっつう衝撃ですよ。

その二つの衝撃が稲妻のごとく走りぬけちゃいましたがな!
で、一気にマジ話に突入。


そっちの世界に対してまっつんは恐怖を抱いてないどころか、むしろ『いずれ自分はそこへ還るのだ』という安らぎにも似た落ち着きぶりを見せてるわけですよ。
あの状況で微笑み合うなんてアンタもう・・・・うえええええ・・・・・!なんて究極の○○!(←鼻水がでてます)
切ないねえ~!
だって絶望が目の前に迫ってるんですよ!でも笑顔・・・・泣ける!

 

そんでですね、
こっからが話の核心の部分です。


『なんで我々はこんなに救われたのか?』

 

こっから、
こっからかなり要注意ですよ!!
暴走列車が脱線しますよ!!

 

がたーん!


その前に、
なぜ人は死生観について、しんじゃうネタの話について手を出すのか?ってトコロなんです。
(ああそういう話キライって方も、できればもう少しだけ聞いてほしいです!)

 

私ら栗スキーにとって昨年夏からまさに、見えそうで見えない希望の光を探して、イバラと泥水とガラスの破片が散らばってる悪路を歩いているような感じでした。
何をしても救われない、すかっとしない、重く苦しく、なにかもやもやしたものがずっとずっと胸にあった。
それは何かというと、
尾栗は幸せだったのか?いまも幸せでいるのか?という疑問、孤独感だったのだと思います。

それは愛するものを失くしたときに、誰もが抱く疑問であり、不安と悲しみと苦悩であります。
あの人の人生は幸せだったんだろうか?私はこんなに寂しいのに、あの人は今寂しくないんだろうか?


二次元のキャラクターなのに、ここまで思いを引きずったということは私自身これまでにもありませんでした。


死生観を育てるということは、この疑問、この孤独感に挑むための力を培うことであります。
だから人がしんじゃう物語は延々と語られる。
死を真っ向から見つめるホラー映画も延々と綴られる。
宗教が必要となってくる。

しんじゃうことの意味とか、しんじゃった後の救いを考えることはとっても大事なことだと思います。
かいじてんていも、こういった価値観や諸々の儀式は亡くなったもののためではなくて、これから生きて行く人のためのものなのだとコミックの後書きに書いてましたね。
WHOですら「健康についての定義」に、『スピリチュアル』は人間に必要不可欠、と言ってるくらいであります。(←一体なんの話だ?)


そこに今回のアレです。
前回参謀室で尾栗に会えたときは救われなかったものが、救われた。

それは、
てんていが、
『尾栗康平は独りぼっちじゃないよ。遺された者が想う限り、これまでどおりいつもみらいクルーの傍にいて、今までと同じように笑ってるよ』
ということを、『絵にして見せてくれたから』だと思います。

 

尾栗康平はこれまれどおり笑顔でいる。
角松洋介が彼を想うと目の前に現れたように、
いつもこんなに近いところにいるんだよ。


「気づかなかったのかよ?」

と尾栗に笑われました。

 
 

尾栗康平は孤独じゃない。

 

まさにこのことが我々を救ってくれたのです。
頭では理解していてそう思っていてもできなかったことが、今回の数コマですべて納得できたんだと思います。


そして、同じように、角松洋介も孤独ではない。
あのときの彼の微笑みは、孤独感を払拭できた角松の、
久々に見せる笑顔だったのではないかと思うのです。

「みんな独りじゃないんだよ」

ピンチの角松を一番救ったのは、実はこの部分だったのかも知れません。

♪ひとりの小さな手 何もできないけど
それでも みんなの手とあわせれば
何かできる 何かできる
♪ひとりで歩く道  遠くてつらいけど
それでも  みんなのあしぶみ響かせば
楽しくなる  長い道も

子供の歌だけど、ふいにこの名曲が頭に浮かんできました。


そういえばこれまでもずっと、
そうやって尾栗はみんなに手を伸ばしてきた。

リーダーとして独り悩む角松にも、
物事が見え過ぎてひとりで抱え込んじゃう菊池にも、
かつてのクーデターに加担した青梅さんにも、
同じ日本人でありながらみらいクルーに得体の知れぬ思いを抱えていた河本さんにも、
みんなに手を伸ばしてきた。
その誰もが救われてきたんだと思うんです。


そうして、
今回、
なにより読者を孤独から救ってくれた。

ああそうか、
ここまで書いてて気がついた。


私はもう一度、
もう一度だけでいいから、





尾栗康平の笑顔が見たかったんだ・・・・。




そうかそうか・・・そうだったんだ・・・・。


そーゆー話をですね、
ほぼ一方的に喋り捲ってしまいましたすみませんでした◎さん・・・・。

楽しかった・・・。

 

(熱いなあ・・・熱く語りすぎだなあ・・・暴走列車爆発しそうだなあ・・・・)


さらにこのあと続きまして、
なんでみらいクルーの銃は海水にあんだけ浸っちゃっててもいいのかってことに絡めて、
角松と草加とジパラストについて暴走しだしたのですが、
あまりに脱線しすぎて宇宙に行っちゃったよ999だよ、になっちゃったので、一応ここまででおしまいにしますwww
もし上手くまとまったらまた覚書として載せるかも・・・。


わあ、今回も長い上に全然まとまってない!!


ホントにすんません!!!


ここまで読んでくださったあなたは、本当に本当に寛容な方です。
きっと何度も失笑し、何度も突っ込みたくなったかと思います。
私の勝手な自由妄想なので、どうぞ一笑に付しちゃってください!

お付き合いくださりほんとうにありがとうございました!

 

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
その通りですよ!!
この記事(続き)を読ませて頂きまして、全くもってその通りだと思いました!!
先日は深夜まですみませんでした。
でもお陰さまで心のモヤモヤが晴れた気がします。
深いですよ!!なぐもさんの解釈、深いっ!!
死生観にまで及ばれるとは!
でもその通りだと思います。
想えばいつでも傍にいてくれる・・・。この言葉を聞いて、栗は絶対に孤独じゃないと確信しました。
松だって今までの状況では、1人色んなものを背負って孤独に闘っていたと思うのですが、想えばいつだって傍にいてくれる人がいるのです。
このたった2ページで、栗スキーの私達は救われましたねv
おっしゃる通り、目を瞑った栗の身体の前では、全くもって釈然としなかったですもの。
これからもいっぱい栗語り致しましょうねvv
有難うございました!!
丸元| URL| 2008/11/08(Sat)02:35:34| 編集
>丸元さま
すんまっせん!
後から読み返すごとに「オイオイこの暴走列車は車輪止めも乗り越えちまってるゾイ」と自分自身に失笑してしまってました・・・。
変人さをこんなにアピールしてしまっていいのでしょうか?(←知らんわい!)
今回のお話は本当に贈り物だったですよね?萌炸裂!ですよね?
なに?!てんてい挑発してんの?!でしたよね(笑!
でもこのことをじっくり意見交換させていただいたことで頭の中がまとまり、やっと自分の中で小休止をつけることができてよかったです。お付き合いくださり本当にありがとうございました。
なぐも| | 2008/11/08(Sat)19:14:55| 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
雑談   *HOME*   航跡379:
☆拍手☆5/19更新
カウンター 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
なぐも
性別:
女性
自己紹介:
天然で物忘れが得意な子持ち主腐。
メール
goraiasu2el☆yahoo.co.jp
送信の際は、☆→@へ変更お願いいたします。 メール頂きありがとうございます!
バーコード
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]